1. >
  2. 集いで寄せられた生徒さんの声

集いで寄せられた生徒さんの声

皆さまからお寄せいただきましたお答えを、原文のまま、ご紹介しています。

◆日々の生活の中で、練習の時間を作る工夫
(この項目は、内容に関わるので、声楽の方とピアノの方を分けて、お載せしています)

【声楽の方】

♪ 車の運転中に練習しています。

♪ 一番、好きな練習場所は、車の中です。大きな声で気持ちよく歌えます。

♪ どこでもあらゆるところで(歩いていても)。

♪ 子育てと仕事が忙しく今日現在(10/9)迄全く唄えておりません。本来なら練習の成果を発表する場であり大変申し訳なく思っておりますが、本日からなんとか時間を確保し皆様の前で唄える事に感謝し参加させて頂きたいと存じます。どうぞ宜しくお願い致します。

音楽の集い画像1

【ピアノの方】

♪ 練習時間を確保しないと弾けるようにならない曲を課題にえらんで自分を少しだけ追い込むことです。(すぐに満足できる曲ばかり弾き遊んでいると忙しさや疲れにかまけてどんどんピアノからはなれてしまいそうなので)

♪ たった5分でもできるだけ毎日ひけたら。

♪ 平日はほとんど弾けませんが、同じ発表会に向けてどんどん上手になる母を見ると焦って練習時間を作るようにしました。(今思えば、受験勉強もそうだった。周りの方々のおかげで生きていると思います。)

♪ 中々時間がとれず苦労しています。

♪ すき間の時間でも練習できるよう、メニューを決めておく(5分:スケール、10分:ツェルニーorバッハor取り出し練習など)

♪ 2週間に1度のレッスンで、ゆるめに設定しているものの、結局先生に見て頂く曲の練習は、レッスンの2~3日前から慌ててやるという感じです。発表会に参加させて頂くことにし、それではとても間に合わないと、毎日仕事に行く前、10分と決めて練習継続し出しましたらとても楽に少しずつ上達できるようになりました。(今まで娘に言っていることを、今回反対に娘からアドバイス受けてしまいました)

♪ 5分ずつくらいこま切れに練習しています。そのために、ピアノをリビングへ移動しました。

♪ 生活のリズムを作っている。帰って来てから手を洗うと同じくらいに自然にピアノの前にいる時間があります。

♪ 家族が眠ったあと、深夜に。睡眠時間はけずれます。。。

♪ 仕事、家事、通院、趣味の練習(スポーツ・ピアノ)、大変忙しいので寸暇しか有りませんが、最低週1回2時間以上ピアノを練習する時間を取れるようシフトを入れています。私はスポーツもやっておりますが、このスポーツは日本は練習環境が大変悪いにもかかわらず、ダントツ強いのです。これはコーチの指導力が優秀である事と、練習環境・条件が悪いとむしろ意欲が高まり頑張るからと言われています。

音楽の集い画像2

◆音楽を続けてきて、自身が変わったこと

♪ 親子、姉妹で歌えるのが、何といっても楽しみです。人生が豊かになりました。

♪ 子供の頃は「ピアノの練習」が生活の大部分を占めていたわけですが、学問の道をえらびピアノにばかりかまけていられなくなった今、「弾く」ことよりも「聴く」ことの方が徐々に多くなり、音楽が1日を平穏にすごす支えという存在に変わってきました。そうなってみると、好きなだけピアノに触れられていた昔よりもむしろ音を求め聴くための耳が肥えてきて、演奏にも影響してきたように自覚しています。

♪ 物心ついたころから音楽とかかわっているのであまり変わったなんてありませんが、ピアノを続けていくことで、いろんな能力の衰えを謙虚に受け止められるようになり、同時になんとかなるかもという希望も持てるようになりました。

♪ 学生時代は音楽によって交友が広まったので、やってきてよかったと思いました。ピアノ以外にオーボエをやるのですが、ピアノじゃできないこともできる(木管5重奏)のが楽しいです。ピアノじゃ到底ひけないプーランクやラヴェルといった仏ものを木5では(がんばれば)吹けるので、いろんな作品に出会えたと思います。

♪ ストレス解消にとても役立ちます。

♪ アンチエイジング!

♪ 30代までは「ただ楽しく弾く」でしたが、最近は作曲家について調べたり、曲の構成を分析したりするようになりました。

♪ ピアノのおけいこは、中学生でやめてしまいましたが、その後もピアノは、受験や仕事等のストレス解消含め、楽しんで弾いており、とても大切な存在です。娘のピアノの成長に感化され、今では考えもしなかった「自分が再びレッスンを受けること」を思いたちました。自分で適当に弾く喜びもありますが、1つ1つ、音やリズム、ハーモニーを丁寧追求していく新たな楽しさを、レッスンを受け感じております。

♪ 音楽が好きでいられることを一音会で学びました。音楽はいいナァ~。小さな時からリズムを学んでいるので「リズムがいいね~」と人からほめられるとうれしくてもっと好きになりました。

♪ 下手を承知で続けてきました。格別変ったとも思いませんが、何かに挑戦する気持を持ち続けることが少しはタメになっていると思います。

♪ クラシック音楽を聴くのはたいくつで、義務感でしたが、LangLangの演奏を見て以来、テレビはYouTubeに接続していることが多くなりました。おすすめは、langlang ベートーベン ピアノ協奏曲第5番(48:02)の方。特に、第3楽章は圧巻です。(マスタークラスのレッスン風景も勉強になります。)

♪(母親になってから音楽の素晴らしさを更に感じました。)声楽には歌詞があり、伝える、届ける、をより感情を込めて表現できる事。その声楽を勉強できた事で人生が豊かになり、あらためて両親の教育に感謝しております。

♪ 年を取ってからの習い事ですが、歌の歌詞に有る様な「消えたはずの灰の中からなぜに燃える」です。情熱の火の粉が残っていたのでしょう。もし、年を取ってからでも習わなかったらピアノは弾けていません。人間の潜在能力はかなりのものだと思うようになりました。そして生きている間に眠ったままになってしまう潜在能力もかなりの量と思われます。そして音楽によって生活が豊かになっています。また音楽、ピアノをやっていることは、ダンススポーツで身体表現、リズム感、表現力もつく様です。曲に合わせられます。

音楽の集い画像3



体験申し込み
その他、入会に関する各種ご質問、
体験レッスンお申込みなど、
お気軽にお電話にてご相談ください。
【一音会本部】
TEL:03-3954-2000
受付:10:00~18:00
担当:矢島、伊藤